FC2 managemented FC2 managemented

Comment

コメントありがとうございます。とてもいい映画でした。キャスティングも最高でしたよね。それぞれが主人公としてのストーリーがちりばめられていて泣けました。できれば寅さんのようにシリーズ化してほしいと思います。
  • 「感動創造カンパニー」 #-
  • URL
  • 2005-11-14(Mon) 17:10:35
  • Edit

こちらにもコメントありがとうございました。本当にシリーズ化されたらいいですね。本当に観終わって、「もっと色々な話を見たい」と思わせる映画って少ないですから、本当に期待大です。
  • 伊達眼鏡 #-
  • URL
  • 2005-11-14(Mon) 17:29:11
  • Edit

はじめまして、ちょくちょく拝見しております。これからも遊びにきます☆

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://dongiovanni.blog19.fc2.com/tb.php/81-0bac4449

『ALWAYS 三丁目の夕日』

監督・脚本・VFX(*)、山崎貴。原作、西岸良平(さいがん=りょうへい)『三丁目

ALWAYS 三丁目の夕日

SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!

『ALWAYS 三丁目の夕日』

携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAYS

【映画評】ALWAYS 三丁目の夕日

最新VFX技術で再現された昭和33年の東京下町で繰り広げられる人情物語。

映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」

昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...

『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました!

 2005年11月8日『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー!47年後に、逢いましょう。すべての日本人に贈る夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!!文部科学省選定作品★スタッフ★監督・脚本・VFX:山崎貴脚本:古沢良太音楽:佐藤直紀主題歌:D-51 「ALWAYS」  ★キャスト★

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 物語の出だしは、やや平凡で退屈な印象を受けるが、

ALWAYS三丁目の夕日 評価額・1700円

●ALWAYS三丁目の夕日をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 昭和33年の東京。短気

『 ALWAYS 三丁目の夕日 』

映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ]2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ]監 督:山崎 貴VFX:   〃脚 本:山崎 貴、古沢良太原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」    (小学館 ビックコミ

物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』

11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと...

ALWAYS 三丁目の夕日

人気blogランキングに参加してます!ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。ご協力お願い致します。今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。集団就職で青森から来た六ちゃん。怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。駄菓子屋の茶川さんは、....

今日の万歩計 「Always 三丁目の夕日」を観た

今日は、12,187歩だった。レイトショーでAlways 三丁目の夕日を観てから、11時頃歩いて帰宅。ずいぶん寒い。吐く息が白く見えそう。それもそのはず、早い年なら雪が降ることもある時期だ。帰宅したら、温かいおでんが待っていた。...

見てしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも見なさいよ!

楽しみにしていた映画を見た。「三丁目の夕日」。泣いた。一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな....

ALWAYS三丁目の夕日を見て

 広島でのホテルの朝食の折り、ほぼ私と同世代の4人が一つのテーブルに集った。私

「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ

 平日の夜に、ガラガラの映画館で、たった一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム」を観たかったのだが、きょうは恋愛映画を観る気分

『ALWAYS 三丁目の夕日』

西岸良平の原作コミックは昔ちょっと読んだ事があったのでどんな話か知ってはいたものの、その独特の作風がどうにも苦手で、それ以降全く読んでいなかった(別に嫌いじゃありませんが)。よって、この映画も当初全然観る気は無かったのだが、何故か観た人の評判がメチャクチ

ALWAYS 三丁目の夕日

泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉

ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目

ALWAYS 三丁目の夕日泣いた、、、ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。SFXとは、こういう使い方をするんだぁ!年代は...

「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望が恥ずかしくない頃

「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演山崎貴監督、2005年予告編を見た時、「この映画はやめよう」と思っていた。「泣き」の映画のあざとさのようなものを嗅ぎ取ったからだ。で、映画館の暗闇で上映開始を待...

「ALWAYS 三丁目の夕日」

氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ~ということで・・・。高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思....

ALWAYS 三丁目の夕日

ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/}思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/}感動させられたなぁ薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってましたそして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/}あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/}テレビが家にやってきた


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。